Shortcut to main menu
Shortcut to text

韓国文学史の巨木であり、生きている伝説の小説家

李文烈 (1948.5.18 ~)

  • 이문열 작가 사인하는 모습
  • 광산문학관 입구
  • 광산문학관 전경

1948年慶北英陽郡石保面院理里で生まれた。ソウル大学師範大学国語教育学科を中退し、1977年に短編『ナザレを知っていますか』」が大邱毎日新聞の新春文芸に佳作当選して文壇にデビューした。1979年には東亜日報の新春文芸に『塞下曲』が当選し、同年には中編『ひとの子』で「今日の作家賞」を受け、旺盛な創作活動を展開して、80年代に最も多くの読者を確保した作家の一人に数えられる。
彼の小説の特徴は、しっかりとした構成と文章の卓越で、自伝的要素が強くあらわれている。代表作には『我らの歪んだ英雄』、『墜落するのは羽がある』、『若き日の肖像』、『詩人と泥棒』などがある。

体系的な研究と文学徒の養成

匡山文学研究所

2001年5月12日、韓国現代文学に関する体系的な研究と文学徒の養成のために設立した文学研究所である。
トドゥル村は彼の小説『選択』の直接的な背景の場所であり、『あの冬』、『あなたは二度と故郷には戻れぬ』、『金翅鳥』、『皇帝のために』など、多くの作品の中の人物の人生の軌跡が広げられていた舞台でもある。
学舎6室、講堂やサランチェなどがあって、ここで文学講演と文学討論会などが頻繁に開催され、作家との出会いが行われるところである。

광산문학연구소 전경