Shortcut to main menu
Shortcut to text

奇妙な岩が樹林と調和を成して神秘に満ちた

甘川コノテガシワ(側柏)樹林

  • 측백수림 앞에서 본모습
  • 측백수림 옆에서 본모습

英陽邑甘川1里の前に半辺川(バンビョンチョン)の切り立った崖の間を滔々と流れる川筋を眺めて側壁生えている樹林はまるで屏風のようで、鮮やかな日に川の上に映した影は、神仙の最高の遊び場だったに違いない。
澄んだ川にはナマズ・コイ・フナ・コウライケツギョが力を自慢するように甘川の川を跳び上がり、崖の向こうの村にはのどかな村の森が昼寝をする時間に、ここを訪れる観光客は肌寒い風のなか、襟を正すようになる。側壁にぶら下がっている松・カエデ・ヤマザクラがびっしりと生い茂り、コノテガシワ樹の生えた石壁には、奇妙な岩が樹林と調和して神秘的である。

昔からコノテガシワ(側柏)が階段の間に自生してあちこちで繁茂しているが、このコノテガシワはここだけに集団的に自生して、ほかの地域では植物学上ほとんど見られない珍しいものといえる。
昔、貧しい時代にはこの神秘的なところの側壁に自生する木が万能薬としても使われたこともある。病院がなくて治療を受けることができず、病院があってもお金がなくて治療を受けることができなかった貧しい農村では、この側壁に自生する木の枝と葉を煮て食べると婦人病(帯下の症状)に効くという噂が出回って、遠くからもこの側壁に自生する木を求めて来る人が多かった。村では泳いが上手で崖登りも上手な、力が強くて若い青年たちがお客様からの注文を受けて、腰に紐を巻いて、片手には鎌を持ち、半辺川(バンビョンチョン)を泳いで渡って崖の角を片手で掴んでようやく石壁に登る。

  • 측백수림 측면
  • 멀리서본 측백수림
  • 겨울의 측백수림

それを見ている人の胸がドキドキして、祟りを受けるのではないかと心配して‘神様、助けてください’と、心の中では側壁に生えている木を切って、良い薬剤を持って無事に帰ってくることを祈る。ようやく、コノテガシワの枝をいくつか切り取って、持っていた紐で結んで、再び腰に巻いてから鎌は口にくわえ、両手で川を引き寄せる。

何とか川を渡って来ると、息が顎に詰まるほど息を吹き、無事に帰ってきた青年、その瞬間、ふう~とため息を吐く旅人。お礼でいくらかのお金をもっと渡して、良い結果を祈る青年とあいさつをした後、心忙しい患者の家族は足を速めて帰る。